きまぐれメモブログ

きまぐれに書いています

映画:ボヘミアンラプソディー 観てきました

f:id:sixpointstar:20181201223640j:plain

maccha

先日ついに、クイーンの軌跡を描いた映画『ボヘミアンラプソディー』行ってきました。出来れば、もう一度みたい!

曲制作の裏話や、Youtubeでよく見ていた”あの”LIVE映像の裏でこんなことが起きていたんだと知ることができたことが非常に有難かった。

当時は、そういう経緯があって世間が騒いでいたのかと、私の中の数少ない情報も更新され納得。この方が私にとっては大きかった。

フレディは、今も昔も皆から愛されているのに、スーパースターの宿命もあって心は孤独だったですね。

人間の心の思い癖なのか、孤独ばかりに焦点が当たってしまうと、ここぞとばかりにルシファー的な存在のお友達が寄ってきてしまう。

心が求めているものは、シンプルに愛と心の平和なのに。求めれば求めるほど、遠くなってしまう…

 そのルシファー的な存在がもたらすものは、不安と悲しみと焦燥感ばかり。傍には自分を愛してくれて、心から気遣ってくれる存在がいても、そんな時には気づかない。

悩みの種やその種ばかり蒔く人ばかりに気がいってしまうのです。

ルシファー的な存在と手を切ると決めるのは、自分自身だとフレディはその体験から教えてくれています。

差別や宗教や容姿など様々なものを経験し、家族であるクイーンにフレディが戻ってきた時、メンバーの前でエイズを発症したことを告白します。

そして、病気になったからって同情したり、哀れまないでくれ

「自分が何者であるかは自分で決める」と宣言する姿は神々しさを感じました。

そんな思いを知ってみた Wembley Stadium Live Aidは、今までと違って感じます。

 

不思議なのですが、フレディの映画を観た後、心がすごく自由になった気がしました。

心の緊張感というかそんなものが解放された感じで、楽になりましたよ!

映画も後半になるにつれて、ご本人達の再現度の完成度が更に加速します。ラスト22分と言われているLIVE映像は、本物の映像を使っているの?!と見紛うほどです。

もっと、もっとクイーンを知ってほしい!

当時のWembley stadim のライブ映像はこちら 1985年7月13日


Queen - Live at LIVE AID 1985/07/13 [Best Version]

 

 SixPointStarのホームページはこちら

www.sixpointstar.jp